企業財務論

書影

新経営学ライブラリ  7

企業財務論

定価:
2,200
(本体:2,000円+税)
難易度:中級

発行日:1990年11月1日

発行:新世社

ISBN:978-4-915787-11-9

サイズ:上製A5

ページ数:208ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

従来の財務論はもとより企業財務の実情に即した内容を簡潔にわかりやすく展開した入門テキスト.コンパクトな分量で必要にして十分な内容が無理なく学べる好評書.

目次

1 企業財務の基礎
1 企業財務の課題
1-1 企業の財務構造
1-2 財務的均衡
1-3 損益分岐点分析と事業的レバレッジ
1-4 財務的レバレッジと総合的レバレッジ
1-5 演習問題
2 企業評価
2-1 企業目的
2-2 企業の財務価値
2-3 効率的市場仮説
2-4 市場価値とトービンのq
2-5 演習問題
3 企業財務と戦略
3-1 ROIによる統制
3-2 財務戦略とPPM
3-3 財務的自立化
3-4 経営者支配の制約要因
3-5 演習問題
2 資金調達と証券市場
1 企業の資金調達
1-1 企業資本の種類
1-2 資金調達の実際
1-3 海外資金調達
1-4 自己資本比率の上昇
1-5 演習問題
2 株式による資金調達
2-1 株式会社の特質
2-2 株式の種類
2-3 増資の方法
2-4 額面割当と時価発行
2-5 演習問題
3 株式市場と株価分析
3-1 日本の株式市場
3-2 株式投資の尺度:PERとQレシオ
3-3 現代ポートフォリオ理論
3-4 演習問題
4 社債による資金調達
4-1 社債の発行
4-2 社債の発行条件
4-3 無担保化と受託制度
4-4 格付け
4-5 演習問題
5 転換社債とワラント債
5-1 転換社債の普及
5-2 転換社債の特徴
5-3 転換社債の市場価値
5-4 ワラント債
5-5 演習問題
3 企業の財務政策
1 資本構成問題
1-1 資本コストの意味と測定
1-2 資本構成の伝統的理論
1-3 MM理論
1-4 資本構成問題の現代的解釈
1-5 演習問題
2 エージェンシー理論
2-1 エージェンシー問題
2-2 エージェンシー理論
2-3 エージェンシー理論と資本構成
2-4 負債契約の問題
2-5 演習問題
3 配当政策
3-1 配当政策とMM理論
3-2 配当政策に対する伝統的見解
3-3 配当パズル
3-4 日本の配当状況
3-5 演習問題
4 投資決定と運転資本管理
1 投資決定
1-1 理論的検討
1-2 NPV法とIRR法
1-3 リスクについての考慮
1-4 実践的方法
1-5 演習問題
2 企業合併・買収(M & A)
2-1 アメリカにおけるM & Aブーム
2-2 M & Aの評価
2-3 LBOとエージェンシー理論
2-4 日本におけるM & A
2-5 演習問題
3 運転資本管理
3-1 運転資本とは
3-2 在庫管理:経済的発注量モデル
3-3 現金管理
3-4 与信管理
3-5 演習問題

サポート情報

関連書籍

マーケティング

上田隆穂江原 淳

2,860円(税込)

中級
企業形態論 第3版

小松 章

2,970円(税込)

入門
企業形態論

小松 章

2,750円(税込)

基本 経営学

中原秀登

2,695円(税込)

入門