基礎から学ぶ実証分析

書影

経済学叢書 Introductory  別巻

基礎から学ぶ実証分析

計量経済学のための確率と統計
定価:
2,530
(本体:2,300円+税)
難易度:入門

発行日:2021年9月10日

発行:新世社

ISBN:978-4-88384-333-6

サイズ:並製A5

ページ数:344ページ

在庫:在庫あり

内容詳細

経済学をはじめ社会科学分野において重要性を増す実証分析について,その考え方を紹介し,そこで必要となる統計学と計量経済学の基礎を解説したテキスト.ポイントとなる定義・命題・公理・定理などと,例・補足や注意点などを見やすく枠囲みでまとめた構成を採り,一層の理解を配慮した.

目次

第1章 実証研究の手順
  1.1 実証研究の作業手順
  1.2 因果関係の扱い
  1.3 まとめとここから先
  演習問題

第2章 クロスセクショナルなデータと記述統計
  2.1 クロスセクショナルなデータ
  2.2 記述統計とは
  2.3 1つの数値項目に対する記述統計
  2.4 2つの数値項目に対する記述統計
  2.5 3つ以上の項目に対する記述統計
  2.6 カテゴリカルな項目に対する記述統計
  2.7 外れ値について
  2.8 記述統計の限界と偶然の記述
  演習問題

第3章 確率と確率変数
  3.1 確率とは
  3.2 公理論的確率論の構成要素
  3.3 確率変数と分布関数
  3.4 確率関数と確率密度関数
  3.5 期待値
  3.6 確率変数の変換と期待値
  3.7 分散と標準偏差
  3.8 チェビシェフの不等式
  演習問題

第4章 多変数の確率変数
  4.1 2変数の確率変数と同時分布関数
  4.2 同時密度関数と周辺密度関数
  4.3 確率変数の和の分布と期待値
  4.4 和以外の分布と期待値
  4.5 条件付確率と条件付期待値
  4.6 互いに独立な事象と確率変数
  4.7 共分散と相関係数
  4.8 N変数の確率変数
  4.9 大数の弱法則
  演習問題

第5章 正規分布と関連するパラメトリックな分布
  5.1 パラメトリックな分布
  5.2 正規分布
  5.3 2変数の正規分布
  5.4 N変数の正規分布
  5.5 x2分布
  5.6 スチューデントのt分布
  5.7 F分布
  5.8 中心極限定理
  演習問題

第6章 パラメータの推定
  6.1 観測値と確率変数
  6.2 分布に関する仮定
  6.3 パラメータの推定
  6.4 最小2乗法によるモデルの当てはめ
  6.5 最尤法
  6.6 推定値と推定量
  6.7 推定量の評価基準
  6.8 最尤推定量の性質
  6.9 仮定の妥当性
  演習問題

第7章 単回帰モデルと統計的仮説検定
  7.1 単回帰モデル
  7.2 最小2乗法によるパラメータの推定
  7.3 説明変数と被説明変数
  7.4 単回帰モデルと推定量
  7.5 単回帰モデルを使った統計的仮説検定
  7.6 仮定の妥当性と残差によるモデルの評価
  演習問題

第8章 重回帰モデル
  8.1 説明変数が2つの回帰モデルとその推定
  8.2 説明変数がk個の場合
  8.3 推定量と確率変数としての残差
  8.4 統計的仮説検定
  8.5 回帰モデルの応用
  8.6 残差の分布
  演習問題

第9章 分割表を使った統計的仮説検定
  9.1 カテゴリカルなデータと分割表
  9.2 偶然の表現
  9.3 分割表を使った検定
  演習問題

参考文献
索引

サポート情報

その他

関連書籍

国際金融論入門

佐々木百合

2,200円(税込)

入門
経済学で使う微分入門

川西 諭

2,420円(税込)

入門
金融論入門

清水克俊

2,860円(税込)

入門
公共経済学入門

上村敏之

2,750円(税込)

入門